クラウド対応の対策でグループチャットを利用して打刻漏れをチェック

女性

共有が大事

PC

仕事をする際において、スケジュールを管理して誰が何の業務を行っているか把握することは大切である。最近はスケジュールを簡単に共有する方法もたくさんあるため、スケジュール管理に活かしていくとよいだろう。

Read More...

効率よく勤怠管理

計算

勤怠管理システムを利用すると勤怠に関して効率的に管理と収集することが出来ます。そのため多くの企業でこのシステムを導入しており、全てコンピュータで管理が行われています。

Read More...

高くなった利便性

会社

勤怠管理も新しい形態で行なうのが流行

企業のIT化は幅広い分野で行われてきていますが、定型的で計算が複雑な勤怠管理も、その流れに沿って、利用が進んでいる分野です。この勤怠管理は、従業員の労働管理を行うという面でも、重要なところですし、給与計算などにも利用される、基幹システムと言っても過言ではないのです。この勤怠管理システムですが、現在はクラウドコンピューティング利用拡大の流れに沿って、クラウド対応のシステムが多く登場しています。これらのクラウド対応勤怠管理システムは、一番の大きなメリットとしてBCP対策を実現しながら、どこでも勤怠をつけることができるということなのです。このようなメリットから、クラウドコンピューティングの利用分野の一つとして、利用を検討する企業が多くなってきているのです。

クラウド対応勤怠システムを利用する方法

クラウドコンピューティングに対応した勤怠管理システムを利用する方法は、いくつか存在しており、自社の状況も合わせて、検討していく必要があります。最初に、勤怠管理システムが、そのバージョンを重ねていくと共に、クラウドに対応していったものが存在します。この場合ですと、システム開発業者の製品提供は一つの形態となりますので、今までその業者のシステムを利用している企業は、そのまま利用しやすい形態です。また、データーセンター事業者と組んで、システム開発業者が、勤怠管理システムをサービスとして提供していることもあります。この場合ですと、サービス利用料だけの負担で済みますので、中小規模の企業であれば、導入しやすいはずです。このようにいろんな形で、クラウドに対応した勤怠管理システムがありますので、それぞれの企業に提案をさせて、自社にマッチしたものを選択するのが肝要です。

グループチャットも使用

クラウド対応の勤怠管理システムは、タイムカードの打刻をする手間が省ける分、勤怠管理が楽になります。楽になったら、打刻漏れをするスタッフも何人か出てきてしまいます。朝の時点で、打刻がされていない場合は、グループチャットを利用して出勤済みかを部署長にチェックしてもらうのがおすすめです。

工数管理の重要性

電卓とお金

生産数をしっかりと確認するためにも、工数管理を行なうことは重要です。収益の把握にも必ず必要になるため、工数管理をしっかりと行なうことが出来るような環境を作っておきましょう。

Read More...